and検索 or検索


2011年2月、肖像彫刻が完成し、お納めしました。
「上木節子氏」、一弘氏の奥様です。

昨年、他界されご主人の悲しみは計り知れないものでした。
奥様を思い出す度にもう一度帰って来てほしい、そんな思いが募り知人を通じて私の工房へたどり着きました。

亡くなってからではありますが、こんな服もあんなものも買ってあげたかった。
思い起こせばきりがないくらい・・・。
せめて肖像に、いろんな服を着せてあげたい。

肖像彫刻には、通常は、衣服も彫刻して完成させます。
半年ほどお待ち頂き粘土原型を作り、裸形像の完成を目指しました。

完成した彫刻写真とご家族で作り上げた衣服を着せた節子氏の写真です。
お顔がこんなにも違って見えるのはご主人をはじめ家族の皆さんの愛情でしょうか。
仏像も完成しお納めしてからどんどんお顔が変ってきます。
肖像彫刻がこれだけ、しかも短期間で変わることを見せて頂いたのは初めてです。

左手の指にあるのは結婚指輪です。(もちろん木で彫刻した小さな指輪です。)

総高32cm